アテニアクレンジング「スキンクリアクレンズオイル」はまだ買うな!

くすみを改善する第一歩【くすみの原因を知ること】

 

 

「なんだか顔色がさえないなぁ」と思うのはどういうときでしょうか?

 

くすみは主家的なものなので、人によってどういう状態をそう思うかは人それぞれです。

 

では実際にどんな時にくすみが生じるのかご存知ですか?

 

くすみの原因の一つに、古い角質がたまって確執が厚くなることがあげられます。
これは角質肥厚(かくしつひこう)と呼ばれ、古くなった角質が剥がれ落ちず、肌表面に残った状態です。
ターンオーバーが低下している状態によく見られます。

 

角質細胞そのものが若干黒みを帯びているので、厚く重なると灰色っぽく見えます。

 

二つ目は、「乾燥」が原因の場合です。
肌は乾燥して水分を失うとバリア機能が低下します。
それを補うために、角層が厚くなってきます。

 

すると1つ目の原因としてあげた「角質肥厚」と同じ状態になり、肌がくすんで見えるのです。

 

三つ目は「血行不良」が原因の場合です。
睡眠不足などで血流が滞っていしまうと、血色が悪くなり、肌がくもって見えることがあります。

 

その他にも、紫外線による軽い日焼けのようなものや摩擦による炎症性色素沈着なども「くすみ」としてとらえられることがあります。

 

このようにくすみにはいくつもの原因が考えられます。
原因によって改善方法が異なりますので、まずは自分のくすみの原因がこれらのどれに当てはまるのか見極めることが大切です。

角質肥厚のくすみはターンオーバーを高めるピーリングが有効

 

 

角質肥厚が原因でくすみが起こっている場合、保湿が重要なのですが角質が厚くなった状態で美容液を使ってもなかなか浸透しません。

 

そこで一度古い角質をピーリングで取ってから美容液などの有効成分を浸透しやすくします。
古い角質がなくなると美容液が浸透しやすくなりますのでくすみを緩和することができます。

 

ただし、ピーリングを行ったあとには必ずセラミドなどお保湿成分を配合した美容液などで保湿するように心がけましょう。

乾燥によるくすみには保湿が有効

 

 

乾燥した肌の角層は灰色が強くでる傾向にあります。
これは冬によくあるくすみの原因です。

 

気温が下がると血行が悪くなり、代謝も悪くなります。
そのため栄養や酸素がうまく行き渡らず乾燥しやすくなるため冬にくすみが発生しやすくなるのです。

 

この場合改善さくとして、保湿を行うことが有効です。
セラミドやヒアルロン酸など保湿効果の高い成分が配合された美容液などでケアすると早い段階で肌が明るく見えくすみへの効果が高くなります。

血行不良のくすみにはマッサージが有効

 

 

肌色とは、角層の半透明のフィルター、メラニン色素のイエローブラウン、血液の赤のバランスによって決まっているのです。
例えば血液に酸素が充分に行き渡っているときは、明るくピンクがかった血色のよい肌色になります。

 

しかし血行が悪くなると、酸素不足で血液の色が暗くなり、メラニンの黄味や角層の灰色が強くなってくすんで見えてきます。

 

血行不良によるくすみの改善方法として血行を促すマッサージがおすすめです。
マッサージクリームなどを塗ったうえで優しくマッサージを行うようにしましょう。

 

またツボ押しや適度な運動も全身の血行をよくするので効果的です。

 

タバコがくすみの原因に!?

喫煙すると毛細血管のはたらきが弱まるといわれています。
喫煙している人は唇を見るとほとんどくすんでいます。
毛細血管のはたらきが弱まると、肌には酸素や栄養が行き渡らず、血行不良になってくすみ、老化を速めてしまいます。
たばこも紫外線と同じで百害あって一利なしです。
喫煙をしないことがくすみを解消することにもつながりますので、喫煙している方は禁煙するように努力しましょう。

即効性のあるパックはどんなくすみでも効果あり

 

 

朝メイクをしようと鏡に映った自分をみて、「顔色がどんよりしているなぁ」と感じたことがある方は多いのではないでしょうか

 

そんな悩みにおすすめなのがパックです。
パックには肌を密封して有効成分を肌内にグッと押し込む効果があり、しかも即効性があるのでお勧めです。

 

パックにもいろいろな種類が発売されています。
くすみの原因である乾燥と血行不良を改善するには、保湿またはアンチエイジングタイプのパックを選ぶといいでしょう。

 

アンチエイジングのパックなら元気のない肌に活力を与えて血流を活性化させます。
さらに保湿力を兼ね備えてたパックなら一石二鳥ですね。

 

シートタイプのパックを使う場合、使用時間の目安を守ることが大切です。

 

美容液状や乳液状のものがたっぷりとシートに含まれているので長い時間肌につけた方が効果があると思われがちですが、成分は時間内に浸透するように設計されていますので、それ以上行う必要はありません。
逆に長時間パックをつけたままにすると乾燥を悪化させることもあります。

 

パックのように時間をかけて行うケアはゆったりと楽しみながら行うことが継続するコツです。
好きな音楽を聴きながらだったり、アロマの香りを楽しみながらというように、自分が癒されることと一緒に行うことでさらに心地よくなり継続しやすくなりますよ。

関連ページ

肌荒れの原因は意外にもシャンプーかも
アテニアのクレンジングがリニューアル発売されました。名称も「スキンクリアクレンズオイル」と変更され、くすみまで解消してくれる優れものだとか。まずはその効果を検証するべく管理人が発売日に購入して使ってみました。クレンジング力やくすみへの効果を徹底的に検証していきます。
クレンジング剤の正しい選び方
アテニアのクレンジングがリニューアル発売されました。名称も「スキンクリアクレンズオイル」と変更され、くすみまで解消してくれる優れものだとか。まずはその効果を検証するべく管理人が発売日に購入して使ってみました。クレンジング力やくすみへの効果を徹底的に検証していきます。

このページの先頭へ戻る