肌荒れの原因は意外にもシャンプーかも

  • クレンジングオイルなどできれいにメイクを落としている
  • スキンケアも肌にいいものを厳選して使っている

なのに肌荒れが収まらない

「自分に合わない成分がスキンケア商品に入っているのかも」と思っているあなた!!

もしかするとその肌荒れの原因はスキンケア商品ではなく、シャンプーのせいかもしれません。

シャンプーの仕方で肌荒れが起こる?

あなたはシャンプーするときどんな態勢でしていますか?

シャンプーやコンディショナーなどがお顔に付かない態勢ですか?

頭を下げて下向きでシャンプーするという方がほとんどだと思いますが、それですとシャンプーがダラーッと顔に流れてきますよね。

シャンプー類に含まれる強い洗浄成分は、体の中で一番弱い皮膚である顔に付くのはよくありません。

顔に少しでもつくと皮膚の構造が壊され、保湿成分が全部流されてしまいます。

「シャンプーした後に洗顔するから大丈夫」と考えている方は大間違いです。

シャンプーの成分は一度肌に付くとしばらくとれません。

ジワジワと皮膚の構造が壊れてしまいます。

なのでお顔にシャンプー類は一切付かない方がいいのです。

ではどういう態勢でシャンプーするのがいいのかというと、

頭を後ろに反らしたり、横に倒したりして洗うのがお勧めです。

最初のうちは態勢が辛いかもしれませんが、毎日やっていると慣れてきますよ。

腕を上に大きく上げる必要があるので、二の腕がきつくなって頭を下げたくなりますが、二の腕の筋トレをしていると思えば一石二鳥です。

ほとんどの方が肌荒れの原因がシャンプーにあるということに気づいていません。

もしなかなか肌荒れが改善しない場合にはシャンプーを疑ってもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です