クレンジング剤の正しい選び方

クレンジングの正しい方法だけではなく、クレンジングの選び方もきちんと心得ておかなければなりません。
間違ったクレンジングの選び方で自分の肌質に合わないものを使用していると、赤みや痒みといった肌荒れの大きな原因となります。
そこで、以下ではクレンジング剤にどのような種類があるのかご説明しているので、一度確認しておきましょう。

シートタイプ

界面活性剤の洗浄力で手軽に落とせるが摩擦によって肌を刺激しやすい

オイルタイプ

メイクとの馴染みが良く強い洗浄力で肌をクリアな状態にできる

リキッドタイプ

サッパリとした洗い上がりが特徴でマツエクを長持ちさせることも可能

ジェルタイプ

「オイルフリー」「オイルイン」「油性ジェル」と3種類あって肌への刺激が異なる

クリームタイプ

油分と水分のバランス配分が良く、乾燥肌や敏感肌の人にもおすすめ

ミルクタイプ

洗浄力が弱めでゆっくりと汚れを馴染ませながら落とすことができる

このようにクレンジング剤には複数の種類が用意されており、配合されている成分や肌への刺激が異なります。

上から順番に刺激が強く、
「シートタイプは肌への刺激が強い代わりに汚れを落とす力が高い」
「ミルクタイプは肌への刺激が弱い代わりに汚れが落ちにくい」
という特徴があるのです。

当サイトでご紹介しているアテニアのスキンクリアクレンズオイルはオイルタイプですが、肌への潤い成分を配合して刺激を感じにくくしています。
美白ケアとしても適した化粧品なので、一度使用してみてください。

肌質別のクレンジング剤の正しい選び方について

個人の肌質別でクレンジング剤を選ぶのは適した方法の一つとなっています。
「皮脂の分泌が多い脂性肌」「カサカサとしやすい乾燥肌」など肌質は個人によって異なるので、その状態に合わせた選び方が適しているというわけです。
大まかな選び方の目安を下記ではご紹介しているので、どの製品を使えば良いのか分からないという女性は一度チェックしておきましょう。

普通肌

潤いや滑らかさなど美肌の条件が揃っているのでどのクレンジング剤でも特に問題はない

乾燥肌

肌のバリア機能が損なわれて刺激を受けやすい状態なのでクリームタイプやミルクタイプがおすすめ

オイリー肌

Tゾーンが特に皮脂が分泌されやすいのでオイルタイプやリキッドタイプがおすすめ

敏感肌

少しの刺激でも反応しやすいので洗浄力の弱いミルクタイプやホホバオイルがおすすめ

ニキビ肌

ニキビに刺激を与えて炎症を悪化させると余計に酷くなるので洗浄力の弱いミルクタイプを使う
肌質は季節によっても変わるので、自分の肌の状態を小まめにチェックしてクレンジング剤を選ぶようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です